京つう

  本/マンガ/アニメ/ゲーム  |  中国・四国地方

新規登録ログインヘルプ



2018年01月13日

プレイヤーはそこでデータを回収すれば,次の区画に行ける。

データの回収方法は簡単だ。区画の入り口には端子があり,そこにタブレット端末を差し込めばデータの送信が始まる。データを送信している間,プレイヤーは部屋の中でAR映像として記録された乗組員達の行動や会話が見られる。
 突如の事故に困惑する人。酸素が尽きるまで必死に挽回策を講じる人。苦渋の選択を迫られる人。最後の一時を仲間と共に過ごす人。AR映像を通じて,プレイヤーは乗務員達が消えるまでの出来事を目撃していく。  

Posted by ゆうか  at 14:59Comments(0)

2018年01月11日

新ヒーローにも言及!『オーバーウォッチ』新年1発目の開発アップデート映像

2017年にも多くのプレイヤーに愛されたBlizzard EntertainmentのFPS『オーバーウォッチ』ですが、ゲーム・ディレクターのジェフ・カプラン氏が2017年を振り返るとともに2018年の展望を語る、新たな開発アップデート映像が公開されました。
  

Posted by ゆうか  at 19:48Comments(0)ゲーム

2017年12月26日

『ウィッチャー3』XB1X対応アップデート配信!4K画質とHDR対応に

先日PS4 Proに対応したCD Projekt REDの『ウィッチャー3 ワイルドハント(The Witcher 3: Wild Hunt)』ですが、同作のXbox One X対応アップグレードパッチが配信開始され、同ハードでの4K画質対応がなされました。

今回のアップグレードでは、4K画質の30fpsで安定して動作する4Kモードと、1080pから4Kに対応しつつ60fpsをターゲットにしたパフォーマンスモードを使い分けることが可能になっており、双方ともHDRに対応しています。

また、PS4 Pro向けのHDR対応アップデートパッチも近日配信予定です。そのほかの詳細はこちらからご確認ください。  

Posted by ゆうか  at 17:06Comments(0)ゲーム

2017年12月11日

台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中

SimonCreativeは、Steamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』及び、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』へと日本語字幕を追加しています。

同作は、台湾を舞台に、台北での都会生活を辞め、実家の農家へと戻った主人公が、稲の栽培行為や、擬人化されたお米の精霊「穂姫」との交流を通じて、様々なタイプへと穂姫を育成していく育成シミュレーションゲーム。  

Posted by ゆうか  at 16:46Comments(0)ゲーム

2017年12月05日

【レポート】プレイヤーを楽しませるAI、プレイヤーに成り代わるAI─

GMOアプリクラウドは、「これからのゲーム業界の未来を皆さんと一緒に考える」をテーマに掲げるイベントを11月21日、22日に開催しました。

コンシューマに加えスマートフォンの後押しも加わり、国内のゲーム人口は4,000万人を超えたとも言われています。それに伴い、ゲーム市場も活性化。特に今年は、『ドラゴンクエスト』シリーズ最新作の登場や、ニンテンドースイッチの躍進など、明るい話題の多い1年となっています。

本イベントでは、ゲーム開発において重要な位置を占める「AI」と、『Pokemon GO』の大ヒットで一般にも浸透した「AR」について語る第一夜(11月21日)、近年注目を集める「VR」と更なる飛躍の可能性を秘める「e-Sports」に迫る第二夜(11月22日)と、それぞれで異なる内容の講義が行われました。本記事では、第一夜の講義・AI部門についてのイベントレポートをお届けします。  

Posted by ゆうか  at 13:47Comments(0)ゲーム

2017年11月22日

アハヌ村に現れた,皇帝直属の暗殺部隊グランデッツァ。それを指揮する仮面の魔導師の正体は……?

 南大陸の南方の大砂漠,シャカラ砂漠を支配下に置くパンテラは,勇気と力を崇拝する弱肉強食の戦士の一族だ。砂漠の各地でバラバラに暮らしていた部族を糾合したサジャハン・ムラビは,砂漠の城砦シャカラにパンテラの王国を築き,自らを王として君臨し,さらに南大陸でのパンテラの地位を押し上げるためユニオン連合に参加し,戦い続けている。  

Posted by ゆうか  at 17:10Comments(0)

2017年11月21日

「オーバーウォッチ リーグ」故INTERNETHULK氏の功績を称えDennis Hawelka賞が新設

Blizzard Entertainmentは、11月8日に訃報が伝えられたINTERNETHULKことDennis Hawelka氏の功績を称え「オーバーウォッチ リーグ」にDennis Hawelka賞を新設すると発表しました。

Dennis Hawelka賞は、『オーバーウォッチ』の各シーズン終了時にコミュニティへ多大な貢献をしたプレイヤーに贈られる賞です。ドイツ出身のDennis Hawelka氏は、2016年にはプロゲーマーとしてTeam EnVyUsで活躍し、2017年5月末よりRogueやTeam Liquidのコーチとして指導していましたがTeam Liquidの『オーバーウォッチ』部門は2017年9月に解散しています。

11月4日ほどまで自身のTwitterでツイートを続けていたHawelka氏ですが、現地時間の11月8日にはTeam Liquidから亡くなったことが報告。現時点で、具体的な死因などはわかっていません。  

Posted by ゆうか  at 19:09Comments(0)ゲーム

2017年11月15日

フォール・アウト・ボーイ、2018年春に来日公演が決定! 1月リリースの新作トラックリストも

来年1月19日にニュー・アルバム『マ ニ ア』をリリースするフォール・アウト・ボーイが、来春に来日公演を行うことが決定した。なお、公演の詳細は近日発表されるとのこと。

また、新作『マ ニ ア』に収録される“Hold Me Tight or Don't”のミュージック・ビデオも公開されている。  

Posted by ゆうか  at 16:33Comments(0)ニュース

2017年11月12日

吸血鬼アクションRPG『Vampyr』にDLCの予定はなし―「本作は純粋に単体での作品」

DontNod Entertainmentが手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』。販売元のFocus Home Interactiveは、同作についてDLCリリースの予定はないと、海外メディアインタビューの中でコメントしています。

Focus Home Interactive CEOのCedric Lagarrigue氏は、海外メディアMCVUKのインタビューに対し、『Vampyr』は純粋に単体での作品であり、DLCを計画していないと話しました。もし、本作が十分な評価を得たのならば、“続編”を考えるだろうとしています。そして、DontNodとFocusには、『Vampyr』の世界で提供できる様々なアイディアが既にあるとしました。

また、Lagarrigue氏は、本作の予算がAAAタイトルとインディータイトルの中間に位置しているとし、PCが小売を重視していないプラットフォームであることで、中間的な予算のゲームにも大きな成功の余地があると発言。『Vampyr』が50万本以上の売上を見込んでおり、100万本に達した場合は「成功」であると見なす旨を語っています。

『Vampyr』は2018年春にPS4/Xbox One/PC向けに発売予定です。  

Posted by ゆうか  at 16:14Comments(0)ゲーム

2017年11月07日

SIGGRAPH 2015からPCで60fps動作する『The Order: 1886』が確認される

今年2月に発売されたPS4専用アクションアドベンチャー『The Order: 1886』。米ロサンゼルスで開催されたCG技術に関する国際会議であるSIGGRAPH 2015にて、開発元のReady at DawnがPCで60fps動作する本作のスライドを披露したことが明らかとなっています。
  

Posted by ゆうか  at 14:20Comments(0)ゲーム